私たちのミッション


Eliaは、もっとも
弱い立場のある子どもたちのケアを委託されている団体、自治体であれば世界中のどこであれ一緒に活動します。家族と子どもたち、その子どもたちが当たり前の生活をしていたら普通につながりをもつだろう人々とが子どもたちの安全とヒーリングに対する責任を担っていくようになるため、尽力します。

Eliaは、子どもたち以外にも弱い立場に置かれている人々にかかわる仕事をしている団体、自治体をできるだけサポートしていきたいと思っています。当事者参画がもっと高まるために、私たちのアプローチを利用して頂きたいと思います。

 
 
 
 

世界のどこにいても

Eliaは、求めている人がいるところには地球のどこであれ、言語が何であれ、経済レベルがどうであろうとサインズ・オブ・セーフティとその思想が手に届くようにするためにできる限りのことをしていきます。

Eliaは、サインズ・オブ・セーフティの重要なリソースの多くを英語以外の言語で利用できるようにするために翻訳事業を始めました。ホームページが4つの言語(スゥエーデン語、オランダ語、日本語、英語)で利用可能になっているのは、その第一歩です。将来的には、もっと多くの言語でのアクセスを可能にしたいと思っています。

Eliaとそのメンバーが現在活動している国は、以下の通りです。

アメリカ合衆国、アイルランド、イギリス(グレイト・ブリテン及び北アイルランド)、オランダ、ベルギー王国, カナダ、カンボジア、スゥエーデン、ドイツ、日本

 
 
 
 

セーフティとヒーリング

ヒーリングのないセーフティは、一時的なものでしかない
— ケヴィン・キャンベル(ファミリー・ファインディング創設者)
ヒーリングは、ネットワークの中で起きる
— アンドリュ・タネル(サインズ・オブ・セーフティ共同創設者)

児童虐待への対応においては、子どもたちの安全が最初にくる決定的に重要なポイントですが、Eliaは対応機関がそこから先、当たり前の生活をしていたら普通に繋がりを持つ人々から成るネットワークの中で子どもたちが回復するところまで組織をアシストするのが目的です。

 
 
 
 

ツール

Eliaは、児童虐待に応答する組織レベルの変容と実践レベルの二つの点から現場に役に立つ実用的なツールをあらゆる組織に提供します。

 
 
 
 

もっとも弱い立場に置かれている子どもたち

資源に限りがあるために、もしくは事業仕分けをしないといけない時にも、Eliaは必ず最も弱い立場の子どもたちを援助する事業を優先します。

 
 
 
 

弱い立場に置かれているさまざまな人々にかかわる団体、自治体をサポートする

弱い立場に置かれた子どもたちと関わる時に役立つツールの多くは、弱い立場に置かれている他の人々と関わるときにも利用することができます。Eliaは、弱い立場に置かれている子どもたちに届くプロジェクトを優先しますが、できる限り、弱い立場に置かれている他の人々に関わる人々にもシェア、サポートをしていきます。